フォーマルドレスのマナー
2017.04.24

可愛い女性●フォーマルドレスのマナー
結婚式でフォーマルドレスを着る方というのは大抵身内かご親族の方がメインとなってくるでしょう。
式場で親族席に座っていたりすると他の出席者からも見られたりもする為、
派手であったり華やかさというようなドレス寄りというよりも、フォーマル感のあるような落ち着いた雰囲気の服装が良いでしょう。

◆フォーマルドレスの人気ナンバー1
フォーマルでも黒ばかりでは祝いというイメージでもないですね。
フォーマルドレスでおすすめなのが自他共にナンバー1と言われるネイビー系のドレスです。
フォーマルにおいてネイビーは上品で尚且つ派手でもなく地味でもなくという王道スタイルです。
ネイビーにピンクのストールやシルバーのストールで上品に揃えてみましょう。
またその次に人気なのがベージュのドレスです。
一見ベージュは地味に見えてしまいがちですが、実はものすごくレベルが高いですね。
この地味に見られがちなベージュをいかに際立たせて着こなせるかでドレスのエレガント感を上手に引き出すことが出来るのです。
ベージュが似合う方はファッション的にもレベルが高いですね。

◆フォーマルドレスのマナーNGポイント
フォーマルドレスを着こなすうえでマナーに反するNGポイントをまとめてみました。
これは覚えておいた方がいいので確認しておきましょう。
まずは見やすいように箇条書きにしていきますので、ゆっくりご覧下さい。
①花嫁と被るようなものは絶対NGです。必ずどのようなものを着たり使ったりするのかある程度リサーチしておきましょう。
②腕時計(時間を気にすることは失礼)
③季節はずれなアクセサリー等
④カジュアル過ぎる物
⑤ネイル(基本的には親族はネイル自体はNGです)
このように気にしてはいるのですが意外にも忘れがちな事が多いので気を付けておきましょう。
また完全にダメというわけではないのですが極力避けたい事もいくつかありますね。
①大きく揺れるアクセサリー
②ブラックパール
③神々しく輝くアクセサリー
④パーティバッグ以外のバックの持ち込み(基本的には他のバックは預けましょう)
新婦より目立つような物、もしくは目立ちそうなもの、さらにブラックパールはどちらかというとお葬式というイメージがどうしても拭えない為オススメはできませんね。

◆まとめ
このように、知っているようで知らない事は多いものです。
フォーマルドレスでのマナーは最低限守っておかないと大事な親族の結婚式で恥をかく可能性も十分にあります。
せっかく呼ばれたのですからこういった事にもしっかりと意識して大人の女性をアピールしておきましょう。

▲ ページトップへ