ドレスを着ている時の持ち物
2017.04.24

白いドレス●ドレスを着ている時の持ち物
ドレス選びまではできました。よし!あとは当日だ!と上手くいかないのが女性の悩みですよね。
ドレスは決まったものの周りの小物はどうしようと悩まれる方が大半ではないでしょうか。
何を持てばいいのか、小物の色合いは?
考える事はたくさんあります。
今回はドレスを着た時の小物の選び方を考えていきましょう。

◆ドレスを着ている時の持ち物
ドレスを着ているときの持ち物(小物)と言えば、バッグ、パンプス、ネックレスが基本ですね。
あとは追加で言えば、イヤリングや髪飾り、ジャケットやショール、時計などが小物と言えるでしょう。
しかし、小物をつければつける程豪華に見えてくるのも確かですが実際は逆につけすぎることによって色合いなども気にしなくてはいけなくなってしまうため、
気にすることが増えてきてしまうというのも事実ではあります。
では、どのように色合いを気にしていけばいいのでしょうか。
確認してみましょう。

◆ドレスと小物の色合い
色合いというのはとても重要度が高いですね。
どんなに良いお金をかけたドレスでも小物の色合いを間違えてしまえばもう目も当てられません。
今回は人気のパンツドレスを軸に話をしていきますが、小物と言えば、アクセサリー、靴(パンプス)、バッグの3つですね。
色合いを合わせる場合は基本2:1で合わせるとバランスが非常に良いですね。
あえて言うのであればパンプスとバックが黒の場合は残りのアクセサリーは違う色にするのが良いでしょう。これが2:1の法則ですね。
又は羽織物などがある場合は、3:1か2:2でも良いでしょう。
ドレス以外の持ち物の数で対比を考える事がいいですよ。

◆色合いの法則を覚えておこう
小物の色合いを選ぶ事はとても簡単です。
この法則さえ知る事が出来れば基本的に失敗することはないでしょう。
例えば、パンツドレスが黒であった場合、白やベージュが良いですし、
青に近いようなネイビーであれば、オレンジやブラウン、ベージュ系がいいですね。
とにかく、反対の色か反対の色の隣の色を選ぶと全体的に落ち着きますよ。
何種類か色の基本をピックアップしておきますので参考にしてくださいね。
・黒(パンツドレス)・ベージュ・白
・黒(パンツドレス)・白・黒
・ネイビー(パンツドレス)・黄色・グレー・ベージュ
・ネイビー(パンツドレス)・茶・ベージュ・白
このようなコーディネートが基本になってきますので覚えておきましょう。
ドレスを着ているときの持ち物ってどうしたらいいのか本当に悩みますよね!

▲ ページトップへ